連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

「18歳意識調査」 夢や希望、大人が奪った=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=幾島健太郎撮影
=幾島健太郎撮影

 日本財団が行っている「18歳意識調査」というものがある。18歳の若者を対象に、昨今のいろいろな社会課題に関する意見を調査している。2019年には、「国や社会に対する意識」に関して、日本を含む9カ国で調査が行われた。インド、インドネシア、ベトナム、中国、韓国、英国、米国、ドイツと日本で、17歳から19歳の各国1000人ずつを対象とした。

 19年といえば、今から2年前。新型コロナウイルス感染症の蔓延(まんえん)で世界中が非常事態になる前のことだ。もしかすると、若者たちの意識もそれに応じて変化したかもしれないが、19年時点での世界の若者たちの意識を見てみよう。この結果に私はがくぜんとし、日本の将来を真剣に憂える思いを抱いた。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1767文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集