連載

斎藤幸平の分岐点ニッポン

毎日新聞デジタルの「斎藤幸平の分岐点ニッポン」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

斎藤幸平の分岐点ニッポン

資本主義の先へ 京大タテカン文化考 表現の自由の原体験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学生らによるタテカンの制作作業を見学する斎藤幸平さん(左から3人目)=山崎一輝撮影
学生らによるタテカンの制作作業を見学する斎藤幸平さん(左から3人目)=山崎一輝撮影

協力欠かせぬ、作業の面白み/撤去から3年、続く学生VS大学

 気鋭の経済思想家、斎藤幸平さん(34)が現場を歩き、この社会を見つめ直す連載。今回の主な舞台は京都大吉田キャンパス(京都市左京区)だ。周囲では学生製作の立て看板(タテカン)=*=を巡り、条例違反を理由に撤去する大学側と、それに反発する学生側との攻防が続く。大学教員でもある斎藤さんが、タテカン規制を通して考えた「自由の問題」とは。

 「タテカン立てたい人はいますか?」。無料通信アプリ「LINE(ライン)」でゼミの学生に聞いても意味が伝わっていないのか、既読スルー。慌ててタテカンの写真を送る。もちろん、「京大の文化」としても有名な百万遍交差点の写真だ。

この記事は有料記事です。

残り3070文字(全文3376文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集