飲酒運転、目立つ昼間の検挙 コロナで「宅飲み」なのになぜ?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
飲酒運転の防止を呼びかけるポスター=和歌山県警提供
飲酒運転の防止を呼びかけるポスター=和歌山県警提供

 「時短」「宅飲み」――。新型コロナウイルスの影響が、飲酒運転の取り締まり状況の変化にも垣間見えている。これまで和歌山県警の認知件数は深夜になるほど増加していたが、2021年は午後7~9時の早い時間が多くなっている。この大型連休中に検挙された人の飲酒先は、自宅が居酒屋などを上回ったという。しかし、疑問が湧く。自宅で飲んでいるのに、なぜ運転を?

 県警は19~21年の3年間について、1~5月の同時期の飲酒運転認知件数を時間帯別に比較した結果をまとめた。午後7~9時は19年が6件、20年が9件だったのに対し、21年は15件に上った。一方、午後11時~翌午前1時までの遅い時間帯は19年が23件、20年が16件だったのに対し、21年は9件にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1098文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集