連載

アートの扉

国内各地の美術館が所蔵するイチオシの作品や、特設展の見どころを紹介します。

連載一覧

アートの扉

松山智一 River To The Bank 移ろう現代社会描写

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2020年、アクリル絵の具・ミクストメディア、画布、縦182センチ×横280センチ
2020年、アクリル絵の具・ミクストメディア、画布、縦182センチ×横280センチ

 楽しげで鮮やかな色彩が日本の古典的な自然美、雪月花と融合している。夜明けをほうふつさせる空の下、ファッション誌から飛び出したような若者たち。伝統的な大和絵、中世ヨーロッパのダマスク柄、現代アートの技法であるドリッピング――古今東西、さまざまな時代のモチーフや手法を引用し、どこにも存在しない、静かな世界が出現している。

 米ニューヨークを拠点に活動する松山智一さん(45)は、小学生の3年半を米カリフォルニア州で過ごした。同地ではアジア系として、帰国後は帰国子女として、マイノリティーのアイデンティティーを模索してきた。「ホーム」と呼ぶ場所がない、今いる場所とのズレを常に感じながら、いくつものイメージをつなぎあわせ、複数のルーツをまとめ上げてきた。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文892文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集