連載

トーク

芸能人やアーティストが自身の作品について語ります。

連載一覧

トーク

浮所飛貴 映画「胸が鳴るのは君のせい」主演 役を感じ、極上の「キュン」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 キラキラと輝く瞳に爽やかな笑顔――。アイドルの王道を行くジャニーズJr.「美 少年」の浮所飛貴が映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督)で、クールさと優しさを併せ持つイケメン高校生役を熱演している。映画は初出演にして初主演という大役。「試行錯誤を繰り返し、考えるより感じることを意識しながら演じた」という言葉に、俳優としての気概があふれる。世界中の「キュン」を詰め込んだ作品と、見る人の心を高鳴らせる演技は、青春時代の甘酸っぱい思い出を呼び起こしてくれる。

 「僕が女の子なら付き合いたい。それくらいかっこいい男なんですよ」。演じる有馬隼人はヒロインの篠原つかさ(白石聖)から思いを寄せられるだけでなく、男も憧れるような存在。クールな有馬を表現するため、声のトーンを抑え、目線の送り方や手の動きを研究した。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1166文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集