新型コロナ 桜川市長が感染 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 桜川市は6日、同市の大塚秀喜市長(59)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県によると、県内で自治体の首長が感染するのは初めて。14日まで小林達徳副市長(57)が職務を代行する予定という。

 市秘書広報課によると、大塚市長は4日午後に発熱。5日にかかりつけ医による簡易検査で陽性となったため、別の医療機関でPCR検査を受け、6日午後に陽性と確認された。現…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集