新型コロナ サ高住クラスター、孤立無援 神戸の医師苦闘 住宅扱い、公助届かず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「誰が助けに来てくれることもありません」。医師が現場から発信したツイッターは悲痛だ=山田尚弘撮影
「誰が助けに来てくれることもありません」。医師が現場から発信したツイッターは悲痛だ=山田尚弘撮影

 高齢者が多く暮らす賃貸集合住宅「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の発生が今春以降、北海道、千葉、兵庫、和歌山など各地で相次いだ。「第4波」による医療崩壊に直面した街で、サ高住のクラスター現場を急きょ指揮したかかりつけ医は振り返る。「公助は届かず自助、互助でやるしかなかった」

 「発熱者がいます」。5月7日、神戸市で在宅緩和ケア・終末期医療を行う開業医、新城(しんじょう)拓也医師(50)に同市内のサ高住のスタッフから連絡が入った。当時、兵庫県内では連日数百人の新規感染者が確認され、保健所も多忙を極めて電話対応が精いっぱい。サ高住には常駐の医療スタッフがおらず、一部入居者のかかりつけ医だった新城医師に「SOS」を発したのだ。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1687文字)

あわせて読みたい

注目の特集