新型コロナ 飲食店を守ることも「いのち」を守ること 意見広告「獺祭」社長の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桜井一宏社長
桜井一宏社長

 飲食店を守ることも日本の「いのち」を守ることにつながります――。海外でも人気の日本酒「獺祭(だっさい)」の蔵元、旭酒造(山口県岩国市)が日本経済新聞の1ページを使い、新型コロナウイルスの影響で深刻な打撃を受けている飲食業界の窮状を訴えた意見広告が反響を呼んでいる。「批判覚悟」で広告を出した桜井一宏社長(44)に思いを聞いた。

 広告は5月24日付朝刊に掲載された。政府による度重なる飲食店への営業時間短縮要請などで「全国の飲食店は疲弊し破滅の淵に立たされています」と指摘。「このままでは多くの飲食店の閉店や倒産が避けられません。倒産はそのまま、酒類や食材を卸している納入業者の疲弊や連鎖倒産、そこに関わる人たちの失業や困窮に結びつきます」と続けた。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1219文字)

あわせて読みたい

注目の特集