上空査察認める領空開放条約、ロシアも離脱へ 米も復帰意向なし

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は7日、締約国が相互に上空から査察できる「オープンスカイズ(領空開放)」条約から離脱する法案に署名した。米国が2020年11月に離脱したことへの対抗措置で、締約国への通知から半年後に正式に脱退となる。核大国の米露両国の離脱により、条約の存在意義が失われることになる。

 オープンスカイズ条約は1992年、冷戦後の各国間の信頼醸成を図る目的で北大西洋条約機…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

あわせて読みたい

注目の特集