「未来ある命救う」 目の前で級友刺された池田小卒業生が医師の道へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小児科医への道を歩む研修医の中原康輔さん=大阪市阿倍野区の大阪市立大医学部付属病院前で2021年5月13日、菱田諭士撮影
小児科医への道を歩む研修医の中原康輔さん=大阪市阿倍野区の大阪市立大医学部付属病院前で2021年5月13日、菱田諭士撮影

 「『困っている人を助けたい』。初めてそう思ったのがあの事件だった」。2001年6月に児童8人が死亡するなどした大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)の乱入殺傷事件の現場で、当時2年生だった大阪市立大医学部付属病院の研修医、中原康輔さん(28)は同級生が襲われる姿を目の当たりにした。8日で事件から20年になる。自分に何ができるかを考え続けた末に決めた医師への道。「未来ある命を救いたい」と語る中原さんは今、小児科医を目指している。【三角真理】

 事件のことは、今もはっきりと覚えている――。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1600文字)

あわせて読みたい

注目の特集