特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ中継します。

特集一覧

王子・中野 「守護神」から念願の先発へ 導き出した成功の鍵

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【王子-東邦ガス】代表決定戦で力投する先発の中野貴仁=愛知・岡崎市民球場で2021年6月6日、森野俊撮影
【王子-東邦ガス】代表決定戦で力投する先発の中野貴仁=愛知・岡崎市民球場で2021年6月6日、森野俊撮影

 第46回社会人野球日本選手権東海地区予選は6日、愛知・岡崎市民球場で代表決定戦があり、王子が東邦ガスを9―4で降し、5大会連続13回目の出場を決めた。本大会は6~7月に京セラドーム大阪などで開かれる。

 入社3年目の右腕は、大学時代は「守護神」だった。今季から先発を任された中野貴仁は5回1安打1失点の好投。配置転換しても頼れる存在に変わりはなかった。

 地元の大分商高では2年夏の甲子園に出場し、抑えを担った。3年時は投手兼中堅手として活躍。神奈川大では3年春に先発投手としてベストナインに選出されたが、その後は「全部の試合に出てほしい」とのチーム事情もあり、再び抑え投手を任された。4年春にはベストナイン、秋には最優秀選手と結果を出してきた。

 しかし、「本当は先発がやりたかった」。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1067文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集