笹生優花が全米女子オープン初優勝 19歳、大会史上最年少

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全米女子オープン選手権の最終ラウンド、10番でティーショットを放つ笹生優花=米サンフランシスコのオリンピック・クラブで2021年6月6日、AP
全米女子オープン選手権の最終ラウンド、10番でティーショットを放つ笹生優花=米サンフランシスコのオリンピック・クラブで2021年6月6日、AP

 女子ゴルフのメジャー、全米女子オープン選手権は6日、米サンフランシスコのオリンピック・クラブ(パー71)で最終ラウンドがあり、首位に1打差の2位からスタートした笹生(さそう)優花が2オーバー73とスコアを崩したものの、通算4アンダーの280で22歳の畑岡奈紗と首位に並び、プレーオフの末に逆転でメジャー大会初優勝を果たした。

 19歳11カ月での優勝は2008年大会を制した朴仁妃(韓国)と並び大会史上最年少。日本勢女子のメジャー大会制覇は1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子、19年のAIG全英女子オープン優勝の渋野日向子がいる。笹生は賞金100万ドル(約1億1000万円)を獲得し、米ツアーで5年の出場資格を得た。

 フィリピン出身の笹生は、父が日本人、母がフィリピン出身で両国の国籍を持つ。18年のジャカルタ・アジア大会ではフィリピン代表として出場し、団体、個人ともに優勝。19年の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストに合格し、20年8月のNEC軽井沢72でプロ2戦目にしてツアー初優勝を飾った。国内ツアーで2勝を挙げ、今回の全米女子オープンはフィリピンで出場登録していた。【和田崇】

あわせて読みたい

注目の特集