特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

東邦ガス・辻本の242球 決定戦2試合を投げ抜き、全国切符

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR東海-東邦ガス】1失点完投でチームを勝利に導いた東邦ガス・辻本宙夢のガッツポーズ=愛知県の岡崎市民球場で2021年6月7日午後0時27分、森野俊撮影
【JR東海-東邦ガス】1失点完投でチームを勝利に導いた東邦ガス・辻本宙夢のガッツポーズ=愛知県の岡崎市民球場で2021年6月7日午後0時27分、森野俊撮影

 第46回社会人野球日本選手権東海地区予選は7日、愛知・岡崎市民球場で代表決定戦があり、東邦ガスがJR東海を2―1で破り、4大会ぶり10回目の出場を決めた。本大会は29日~7月14日に京セラドーム大阪などで開かれる。

 3年目エースの辻本宙夢(ひろむ)が、敗者復活に回って今大会3回目となった代表決定戦で底力を発揮した。完投したものの0―1で敗れた日本製鉄東海REX戦から中1日。試合前の練習では足が思うように上がらず、前の試合のショックもあり「最初からきつかった」というが、「全国で勝つ」という強い目標を胸に、9回を投げ抜いた。2試合で242球を投じた。

 2人を連続三振に仕留め、「全国」まであと1死となった九回。2球目から…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文898文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集