笹生が快挙のゴルフ全米女子オープン 地上波放送がなかった背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
笹生優花選手(中央)を取り囲むメディア関係者。日本では地上波でテレビ中継されなかった=AP
笹生優花選手(中央)を取り囲むメディア関係者。日本では地上波でテレビ中継されなかった=AP

 6日に最終ラウンドが行われた女子ゴルフのメジャー、全米女子オープン選手権は、初優勝を果たした笹生優花選手(19)が畑岡奈紗選手(22)とプレーオフで争った。だが、白熱の展開は地上波で中継されず、ツイッターでは「見られないけど、気になってしょうがない」「何で地上波でやっていないの」と不満が渦巻いた。

 中継は、有料BS放送のWOWOWとCS放送のゴルフネットワークのみだった。昨年まではテレビ東京が地上波で中継していたが、今大会は放送されなかった。テレビ東京は取材に「個別の番組の編成事情に関しては、お答えしておりません」と回答した。

 あるゴルフ関係者は「オリンピックの放映権料が高騰した影響で、スポーツ界全体の放映権料も高くなった」と背景を説明する。ゴルフのメジャー大会の放映権料も高騰し、日本メディアが放映権を購入しなかった可能性を指摘する。そこに新型コロナウイルスの感染拡大でコマーシャルが減り、放送各社の台所事情が悪化したことも影響したと指摘。「テレビ局もコロナ下で経営が厳しくなり、引き金になったのではないか」と話す。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文876文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集