特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

すたこら 「相棒」に勇気もらう

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 液晶画面が割れたテレビを横目に、小さなダイヤルを回しながら、耳を傾ける。東日本大震災の当日、12歳だった私が頼れたのはラジオだけだった。悲惨な情報が次々入る一方で、アナウンサーの「頑張りましょう」という声に、心からほっとしたのを覚えている。それ以来、ポータブルラジオは「相棒」になった。

 共に過ごすのは、いつも夜が更けてから。勉強中や眠れない時、お笑い芸人や若手ミュージシャンの番組を聴きながら過ごした。テレビでは遠い存在の有名人が「近所のお兄ちゃん」のように身近に感じる。そんな人との距離が近…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集