名田庄トレイル100キロ整備へ 観光振興図る おおい町 /福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名田庄トレイルの地図(福井県)
名田庄トレイルの地図(福井県)

 おおい町は、京都府や滋賀県との県境に接する名田庄地域(旧名田庄村)で「歩く旅」を楽しむための道「名田庄トレイル」(約100キロ)の整備を今年度から始める。ルートには、若狭湾などが眺望でき、京阪神からのハイカーに人気の八ケ峰(800メートル)や頭巾山(とうきんざん)(871メートル)などの尾根道を含んでおり、観光振興を図る。

 トレイルは、森林や里山、海岸などにある「歩くための道」を示す言葉。今回整備しようとしている道はロングトレイルとも呼ばれ、一般的には登山道や自然散策路、里山のあぜ道、車道などを歩きながら、地域の自然や歴史、文化に触れることができるものを意味するという。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集