森林の環境保全へ、県とトヨタ2社が協定 「21世紀県民の森」を整備 「森川海人っプロジェクト」一環 /佐賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
協定書を掲げる山口祥義知事(中央)と、西九州トヨタ自動車の金子社長(左)、ネッツトヨタ佐賀の金子社長
協定書を掲げる山口祥義知事(中央)と、西九州トヨタ自動車の金子社長(左)、ネッツトヨタ佐賀の金子社長

 森林の環境保全活動を促進しようと、県は、西九州トヨタ自動車とネッツトヨタ佐賀と「豊かな自然を未来へつなぐ森川海人(かいと)っ協定」を締結した。両社は「森は地域・社会の重要な基盤」との観点から、佐賀市富士町の「21世紀県民の森」に「佐賀トヨタの山」(約1・26ヘクタール)を整備する。

 整備計画では、1~2年目を環境整備期間▽3~7年目を建設期間▽8~10年目を保全維持活動期間と位置…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集