宇佐に外国人総合相談センター 悩み共有・情報発信に市が設置 ベトナム語常時対応 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
式典参加後にセンターを見学する和装の宇佐日本語教室の生徒たち
式典参加後にセンターを見学する和装の宇佐日本語教室の生徒たち

 宇佐市勤労者総合福祉センター・さんさん館2階に市外国人総合相談センターが設置され、6日開所式があった。外国人、日本人双方からの相談を受け付ける。相談施設としては大分市の県外国人総合相談センターに続く県内2カ所目で、市町村では初めて。

 人口5万4460人(4月末)の同市では近年、製造業での技能実習生の増加などで外国人が増えた。4月末現在でベトナム372人、中国103人など24の国・地域の計767人が暮らし、2015年の約1・7倍になっている。これまで、外国人からは職場での日本人との関係や「子供の学校からの連絡事項が読めない」「生活情報が入手しづらい」など…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集