特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 緊急事態延長から1週間 感染者減、病床は逼迫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナの感染拡大で東京や大阪など9都道府県に発令中の緊急事態宣言が延長されてから、7日で1週間が経過した。感染者数は減少傾向だが、病床は相変わらず逼迫(ひっぱく)している。

 9都道府県は北海道▽東京▽愛知▽京都▽大阪▽兵庫▽岡山▽広島▽福岡――で、5月31日の期限が6月20日に延長された。5月23日に発令された沖縄県は当初から6月20日が期限だ。

 厚生労働省が4日に公表した資料によると、9都道府県の直近1週間の人口10万人当たりの感染者数は、京都、兵庫、岡山の3府県を除き「感染爆発」を示すステージ4の基準(25人)や「感染急増」を示すステージ3の基準(15人)を上回る。ただ、いずれも前週より減少しており、北海道(31・1人減)などのように減少幅の大きな自治体もある。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文522文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集