What is Sake? 酒造会社が絵本で楽しみ方紹介

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵本「What is Sake?(日本酒ってなーに?)」を発行した酔鯨酒造の大倉広邦社長(左)と、絵を担当した永井みさえさん=高知県土佐市甲原の土佐蔵で、2021年6月2日午前10時41分、小林理撮影
絵本「What is Sake?(日本酒ってなーに?)」を発行した酔鯨酒造の大倉広邦社長(左)と、絵を担当した永井みさえさん=高知県土佐市甲原の土佐蔵で、2021年6月2日午前10時41分、小林理撮影

 日本酒メーカーの酔鯨酒造(高知市長浜)が、絵本「What is Sake?(日本酒ってなーに?)」を発行した。日本酒の作り方や楽しみ方を分かりやすく表現した絵本で、大倉広邦社長(42)は「大人にも子どもにも、日本の食文化である日本酒を身近に感じてほしい」と話している。

 日本酒の製造過程が働く人の様子とともに描かれ、実際に見学できる酔鯨の「土佐蔵」の具体的な様子もやわらかな絵でまとめられている。文章には英訳が付いている。

 「日本酒は、楽しいものなんだ」「日本酒はコミュニケーションのひとつ」「日本酒でみんな笑顔」のメッセージも登場する。大倉社長は「日本酒離れと言われて久しいが、高知の乾杯して仲良くなるという宴会文化は素晴らしい。会社という枠を超えて、世界の人に日本酒の楽しさを伝えたかった」と説明する。日本酒は米国や中国に輸出しており、絵本も海外販売を考えている。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集