クロスボウの廃棄 警察が無料で受け付け 改正銃刀法成立で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市販されているクロスボウと矢=警察庁提供
市販されているクロスボウと矢=警察庁提供

 ボーガンと呼ばれるクロスボウ(洋弓銃)の所持を都道府県公安委員会の許可制とする改正銃刀法が8日、衆院本会議で可決、成立した。2022年3月までに施行される。既に所持している人は、施行から半年以内に許可申請や廃棄などをしないと不法所持になる。施行前から全国の警察署でクロスボウの無料廃棄を受け付ける。

 警察庁によると、08年の東京・秋葉原での無差別殺傷事件を受けて両刃のダガーナイフを同法…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集