スマホ使いこなす60歳以上「26年に7割に」総務省が数値目標

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 菅義偉政権が掲げる「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」の実現に向け、総務省は8日、5年後の2026年にスマートフォンを使いこなすことができる60歳以上の割合を70%とする数値目標を明らかにした。21年1月に内閣府が公表した調査では、60歳以上のスマホ利用率は約46%にとどまっており、大幅な引き上げを目指す。

 デジタル活用に不安がある高齢者支援などを議論する有識者会合の中で示した。委員からは特に異論は出ず、了承された。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集