特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 千葉大会 組み合わせ抽選 甲子園かけ157チーム 天羽主将が宣誓 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開会式で選手宣誓することが決まった天羽の北見空主将(3年)=千葉市稲毛区で2021年6月8日(代表撮影)
開会式で選手宣誓することが決まった天羽の北見空主将(3年)=千葉市稲毛区で2021年6月8日(代表撮影)

 第103回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が8日、千葉市稲毛区の県総合スポーツセンターであった。30日に開幕し、170校157チーム(連合チーム含む)が夏の甲子園への切符をかけて熱戦を繰り広げる。開会式は同日、同市美浜区のZOZOマリンスタジアムで無観客で開かれ、試合は7月1日から始まる。

 今春の県大会で初優勝した千葉学芸は7月4日、鴨川令徳と市川工の勝者と対戦することが決まった。斎藤聖弥主将(3年)は「春の県大会で戦った専大松戸と決勝で対戦したかったので、良い組み合わせを引いた。チャレンジャー精神で臨み、甲子園に行きたい」と意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文735文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集