コロナ禍 鎌倉、藤沢 20年の観光客大幅減 鶴岡八幡宮6割減 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鎌倉市は新型コロナウイルスの影響で2020年の観光客数が前年比6割減の約738万人にとどまり、1963年の調査開始以降で最も少なくなったと発表した。施設別では、天園ハイキングコースが前年比約8割減、鎌倉海岸が同7割減、鶴岡八幡宮が同6割減と大きく落ち込み、県立近代美術館別館の約3割増を除くすべての観光スポットで前年を下回った。同市の観光客数は6…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

注目の特集