高松市職員、有罪に 女性の下着窃盗罪 地裁判決 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アパートのベランダから女性の下着を盗んだなどとして、窃盗と県迷惑行為等防止条例違反の罪に問われた高松市職員の三木雄司被告(28)=高松市木太町=に対し、高松地裁(近道暁郎裁判官)は8日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由について、近道裁判官は「被害者に精神的な被害を与える犯行で、公務員として職務上知った情報を用…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集