連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

病床使用率と重症病床使用率の違いって何? /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナの感染者の病室にX線装置を搬入する完全防護の医療スタッフ=県立大分病院提供
新型コロナの感染者の病室にX線装置を搬入する完全防護の医療スタッフ=県立大分病院提供

症状の深刻さで判断、重症者には専門の医療スタッフが多数必要

 なるほドリ 新型コロナウイルスの感染者の状況を示す指標に病床使用率があるよね。どんな意味があるの?

 A 病床使用率は、新型コロナ感染者用に確保した病床数に対して、軽症と中等症の入院患者が占める割合です。

 Q 県内の病床使用率はどうなっているの?

 A 4月下旬から感染者が増え、5月9日には感染状況を示すステージ4(感染爆発、50%)を初めて超え、同月15日には55・3%まで上昇しました。最近は30%前後に低下しています。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文709文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集