特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

コロナ禍、死者最多の大阪 感染拡大想定、厳しく改めよ=石川将来(大阪社会部)

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府の独自基準「大阪モデル」の見直しを決めた後、取材に応じる吉村洋文知事=大阪市中央区で2020年7月3日午後7時12分、藤井達也撮影
大阪府の独自基準「大阪モデル」の見直しを決めた後、取材に応じる吉村洋文知事=大阪市中央区で2020年7月3日午後7時12分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るう今春以降の「第4波」で、大阪府内では3~5月に1198人の死亡が確認された。累計の死者は8日時点で全国最多の2457人に上る。一切治療を受けられないまま自宅で亡くなった人も19人いる。大阪府庁を取材してきた私は、新型コロナの脅威を真正面から受け止めようとしてこなかった府の姿勢が、これだけの惨事を招いたと考えている。

楽観論で消えた「重症病床500床」

 2020年4月1日、吉村洋文知事は記者会見で、感染拡大に備えた病床確保計画を公表した。1日1000人超の新規感染者が確認される事態を想定し、重症病床を最大500床確保するとした。府内の集中治療室(ICU)約600床の大半をコロナの重症者治療に割く計算で、吉村知事も「最悪のパターンですが、想定して取り組んでいく」と語っていた。

 しかし、この計画は実現しなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1884文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集