G7サミット 中国を名指しし、懸念表明へ 五輪開催支持も検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
G7サミットを前に制作された、菅首相(左から2人目)らG7首脳を模した「The E7」と呼ばれるアートワークを見る人たち=英・コーンウォールで2021年6月8日、AP
G7サミットを前に制作された、菅首相(左から2人目)らG7首脳を模した「The E7」と呼ばれるアートワークを見る人たち=英・コーンウォールで2021年6月8日、AP

 主要7カ国(G7)は11~13日に英南西部コーンウォールで開催する首脳会議(サミット)で、覇権主義的な動きを強める中国に対する懸念を表明する調整に入った。共同声明に香港、新疆ウイグル自治区での人権問題や国外への勢力圏拡大の動きなどを挙げ、名指しでけん制する方針だ。声明には、菅義偉首相が目指す東京オリンピック・パラリンピックの開催への支持を盛り込む検討を進めている。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文934文字)

あわせて読みたい

注目の特集