特集

Gender×JAPAN

シンクタンクの男女格差を示す指数で、日本は146カ国中116位。深刻なジェンダーギャップを解消するには?

特集一覧

都立高入試制度、現役教員が段階的な廃止を訴え 合格点性差問題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京都立高校の男女別定員制度の段階的な廃止を訴える都立高教員の島田庸さん(手前)=仮名=と大学教員の平山昇さん=東京都新宿区で2021年6月9日午前10時10分
東京都立高校の男女別定員制度の段階的な廃止を訴える都立高教員の島田庸さん(手前)=仮名=と大学教員の平山昇さん=東京都新宿区で2021年6月9日午前10時10分

 同じ学校であっても男女の合格ラインに差が生まれる東京都立高校入試の男女別定員制について、都立高の現職教員らでつくる「東京ジェンダー平等研究会」が9日、都庁で記者会見を開き、制度の段階的な廃止を訴えた。インターネットの専用サイト(https://www.change.org/toritsu_koukou)で賛同者の署名を6月末まで募り、7月上旬にも都教育委員会に提出するという。

 記者会見には、研究会のメンバーである都立高の30代の現職男性教員と大学教員の平山昇さん(43)が出席した。男女別の定員設定について「自分よりも点数が低い子が受かったのに性別によって落とされた受験生に『あなたは全体のシステムの調整のために犠牲になった』と言えるのか」と疑問を投げかけた。さらに、願書に性別を書かなければならないため、「性的少数者は心理的な不利益を被っている」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文932文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集