モデルは「屈強な」同僚 警視庁警察官、自転車事故防止ポスター作製

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ポスターを描いた北沢署の土井亮太巡査長(左)とモデルの遊佐慎巡査長=東京都千代田区の警視庁で2021年6月9日午後2時20分、柿崎誠撮影
ポスターを描いた北沢署の土井亮太巡査長(左)とモデルの遊佐慎巡査長=東京都千代田区の警視庁で2021年6月9日午後2時20分、柿崎誠撮影

 警視庁は9日、重大事故につながりやすい自転車の信号無視や一時不停止について注意を呼び掛けるポスターを作製したと発表した。絵が得意な北沢署地域課の土井亮太巡査長が同僚をモデルにして描いたユニークな作品で、来月にも都内の各署で掲示する。

 同庁交通総務課によると、自転車が関係した事故は今年1~4月に4294件発生し、このうち1692件(約…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集