連載

世界時空旅行

 欧州や中東の特派員を務めた筆者が「時空の旅」に出て、歴史の謎やミステリーに迫ります(登場する人物の肩書きなどは原則として取材当時のものです)。

連載一覧

世界時空旅行

「自身の人間性磨く」社交クラブ 「陰謀とは無縁」フリーメーソンの肉声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フリーメーソンのアヒム・シュトラスナー医師=2014年10月、篠田航一撮影
フリーメーソンのアヒム・シュトラスナー医師=2014年10月、篠田航一撮影

 「世界を操る秘密結社」などとも言われ、すっかり都市伝説の定番となった感のある世界的な友愛団体フリーメーソン。米国を中心に会員は世界で約600万人とも推測され、陰謀論も渦巻く。だが実態はどうなのか。2014年秋、私は駐在していたドイツのグランドロッジ(地域の集会所を統括する組織)を取材したことがある。今回はその体験記である。

 首都ベルリンにあるグランドロッジは重厚なレンガ造りの邸宅だった。その一室でグランドマスター(責任者)のアヒム・シュトラスナー氏がにこやかに迎えてくれた。普段はドイツ北部キールで医師をしている。

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1846文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集