連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

自分の葬儀、業者の選び方は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
生活の窓口相談員(統括マネジャー)の山本建さん
生活の窓口相談員(統括マネジャー)の山本建さん

 Q 自分の葬儀、業者の選び方は?

 母親の葬儀で喪主を務めましたが、きちんと見送りできなかったという思いが残りました。自分の葬儀で子に迷惑をかけたくないので、葬儀会社の選び方について教えてください。(60代、男性)

顧客に寄り添う姿勢見て

 A 葬儀に向けてやらなければならない項目は、葬儀会社選びをはじめ、葬儀の形式や規模の決定、遺影選び、弔いをお願いする宗教者の調整、遺体安置場所の決定など多岐にわたります。家族間の意見の調整にも気を使います。一つ一つの要素を吟味する余裕がありません。

 このため、ご自身の葬儀をどのように営むか、あらかじめ決めておく人は決して珍しくないのです。遺影は元気なうちに撮影したものを指定しておき、葬儀会社や弔いをお願いする宗教者をエンディングノートなどに書き記しておくそうです。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1007文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集