連載

花谷寿人の体温計

政治や社会の出来事が人々に与える影響を「体温」として読み解く、花谷寿人論説委員のコラム。

連載一覧

花谷寿人の体温計

鬼平の勘ばたらき

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ある町のすし屋を3年ぶりに訪れた。地元でも安くてうまいと評判の店だ。

 年配の職人3人が並んで手際よく包丁を操る。ただ黙々と仕事をこなしているだけではない。カウンター越しに客の様子に気を配り、旬の地魚に関する知識を時々教えてくれる。

 気になる若い店員がいた。3年前に来た時は、おどおどして注文も聞き取れない。すし職人をめざしているのだろうが、とても接客業には向かないと感じた。

 すぐに辞めてしまうのではないか。そう思っていたが、今では自然に客とやりとりしている。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文875文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集