特集

第76期本因坊戦

本因坊文裕=井山裕太九段=に芝野虎丸王座が挑戦する第76期本因坊決定戦七番勝負に関する特集ページです。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

囲碁

第76期本因坊戦 第4局 文裕、早々に四隅確保

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <大和証券>

 <先番・本因坊文裕-芝野虎丸王座>

 北九州市小倉北区のアートホテル小倉ニュータガワで10日開幕した第76期本因坊決定戦七番勝負第4局。本因坊文裕(32)=井山裕太九段=が巻き返してタイとするか、それとも芝野虎丸王座(21)が初の本因坊奪取にあと1勝と迫るか。今シリーズの流れを左右する注目の北九州決戦となる。

 同日午前9時前、芝野、文裕の順に対局室に入室。立会の大竹英雄名誉碁聖が「時間になりましたので始めてください」と声を掛け、文裕が黒番となって対局が始まった。開始早々、文裕が黒11、25と三々に打って四隅を確保する。その後、黒33のハサミツケで戦いの場は下辺に転じ、激しい競り合いが続いた。解説の王銘琬九段は「珍しい展開になっているが、井山本因坊は打てると見ているのではないか。芝野王座は下辺の石を攻め…

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文430文字)

【第76期本因坊戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集