高浜原発1、2号機再稼働容認 市民団体、舞鶴市長に撤回要望書 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 舞鶴市の市民団体「エコネットまいづる」(石束輝己代表)は、関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の再稼働を容認した多々見良三市長に対し、撤回することなどを求めた要望書を出した。同会によると、毎年、舞鶴市長への要望をとりまとめ、意見交換会をしてきたとしており、2021年も開催するよう求めている。

 要望書によると、高浜原発1、2号機について「稼働から40年を超える老朽化原発で、原子炉格納容器、配管などが中性子にさらされており、破断などの事故が心配されている。原発はひとたび事故が発生すれば人…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集