安保法違憲訴訟 原告176人が控訴 福岡高裁宮崎支部 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法は憲法違反だとして、県内の住民279人が国に損害賠償を求めた訴訟で、原告のうち176人が9日、請求を棄却した宮崎地裁判決を不服として福岡高裁宮崎支部に控訴した。

 5月26日の宮崎地裁判決では「具体的な権利利益やその侵害が認められない以上、憲法適合性を判断…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

あわせて読みたい

注目の特集