連載

激動の世界を読む

混迷を深める世界情勢のなかで、とるべき針路は――。日本を代表する国際政治学者が交代で論じます。

連載一覧

激動の世界を読む

中国共産党創建100周年 威勢の維持狙う習政権=東京大公共政策大学院教授・高原明生

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国共産党創建100周年記念のイベント会場のスクリーンに映し出された習近平国家主席の画像=上海で6月4日、ロイター
中国共産党創建100周年記念のイベント会場のスクリーンに映し出された習近平国家主席の画像=上海で6月4日、ロイター

 本年7月、中国共産党は創立100周年を迎える。来年には5年に1度の党大会が迫っている。習近平国家主席にすれば、内憂外患を鎮め、勢いをつけて最高指導者の地位を維持することが当面の課題である。

 昨年、習近平政権は発足以来最大の危機に直面した。新型コロナウイルス対策の初動が遅れ、武漢から流行が世界に広まった。いち早く異変に気付きながらデマを流したとして訓戒処分を受けた医師の一人、李文亮氏がその年の2月に死亡し、社会に衝撃が走った。亡くなる数日前に李氏が言い残したのは「健全な社会には一つの声だけがあるべきではない」という言葉である。

 これは「党中央は大脳であり中枢であり、尊崇を集める一人の鶴の一声が全体のトーンを規定する権威を持たねばならない」という習氏の言葉を真っ向から否定する。危機に直面した習政権は強権発動によるウイルス制圧、強力な情報統制と宣伝による威信の回復、そして補助金や減税などの施策を駆使した経済回復に必死に取り組んだ。それらの措置は大きな成果を上げ、欧米の新型コロナ対策が遅れたこともあり、中国の指導体制が優れて…

この記事は有料記事です。

残り2622文字(全文3088文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集