点字毎日 北斎最後の作品を触察化 掛け軸「富士越龍」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全46作にわたる「さわれる富嶽三十六景」などを製作してきた常磐大元教授、中村正之さん(66)がこのほど、葛飾北斎の掛け軸を扱った「富士越龍(ふじこしのりゅう)」の触察本を製作した。本は縦長の蛇腹折りで、日本語と英語の墨字解説文付き(点字は日本語のみ)。

 中村さんは2020年3月、大学を定年退職後、大病を患い入院していた。病床で見た夢に富士山が出て、「も…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集