特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

衆院でもワクチン職域接種 7月中の開始目指す 参院でも検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影 拡大
国会議事堂=川田雅浩撮影

 衆院議院運営委員会は10日の理事会で、国会で新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施することを決めた。対象は、国会議員や議員秘書、衆院や政党の職員などで7月中の開始を目指す。

 政府が企業や大学などでの職域接種を推進していることを受け、与野党から提案があった。衆院内の医務室や共済組合の診療所などを利用する見通しだ。高木毅委員長は理事会後、記者団に「国会に勤務する人を対象とし、国会議員も入る」と述べた。これを受け、参院でも職域接種の検討を始めた。【東久保逸夫】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集