世界の児童労働、コロナ禍で増加に転じる 危険な作業7900万人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスク姿で横断歩道を渡る人たち=東京・銀座で、丸山博撮影
マスク姿で横断歩道を渡る人たち=東京・銀座で、丸山博撮影

 国際労働機関(ILO)と国連児童基金(ユニセフ)は10日、昨年に世界で5~17歳の子ども1億6000万人が、国際条約で禁じられている「児童労働」に従事したとの推計を発表した。4年ごとに取りまとめてきた推計で、過去20年間は減少が続いてきたが、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行を受け、増加に転じた。

 児童労働に従事したのは世界の5~17歳の約10人に1人に相当し…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集