ロシアの裁判所、ナワリヌイ氏設立団体を「過激派」指定 活動困難に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏=AP
ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏=AP

 モスクワ市裁判所は9日、収監中のロシア反体制派指導者ナワリヌイ氏が設立した3団体を「過激派組織」に指定し、解散を命じた。決定は即時執行される。弁護側は上訴する方針だが、決定が覆る可能性は低い。既に、過激派と認定された組織の関係者が全ての選挙に立候補することを一定期間禁止する法律が発効しており、ナワリヌイ氏の陣営は事実上非合法化され、ロシア国内で政治活動を続けるのは困難になる見通し。

 実質21年に及ぶプーチン政権はこれまでも政敵の影響力排除やメディアの統制など、強権的な統治手法を進めてきた。政権に批判的な勢力が国内で政治活動を続ける余地は残されていたが、今回の措置で政治的な自由が一層制限され、政権の権威主義的傾向が更に強まった。

 露メディアによると、…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1339文字)

あわせて読みたい

注目の特集