経済的困窮、受診遅れで死亡40人 8人はコロナで失業 民医連

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(写真はイメージ)=ゲッティ
(写真はイメージ)=ゲッティ

 全日本民主医療機関連合会(民医連)は9日、失業後に再就職できず無保険となるなど経済的理由で受診が遅れ、死亡した人が2020年に全国で40人(前年比11人減)に上ったと発表した。このうち新型コロナウイルス禍による失業などが影響した人は8人だった。

 民医連加盟の病院や診療所計706事業者を対象に調査。担当者は「死者数は氷山の一角。経済的不安定層にコロナ禍が追い打ちをかけ一層…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集