「熊本・水上村長からパワハラ」 公用車運転手だった職員が提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で提訴に至った思いを語る熊本県水上村職員の男性=熊本市で2021年6月10日午後2時3分、樋口岳大撮影
記者会見で提訴に至った思いを語る熊本県水上村職員の男性=熊本市で2021年6月10日午後2時3分、樋口岳大撮影

 熊本県水上(みずかみ)村長の公用車の運転手を務めていた村の男性職員(53)が、中嶽(なかたけ)弘継村長(66)からパワーハラスメントを受けてうつ病になるなどの精神的苦痛を受けたとして、村と村長に計525万円の損害賠償を求める訴えを熊本地裁人吉支部に起こす。男性職員が10日記者会見し、同日付で訴状を発送したと明らかにした。

 中嶽村長は、村総務課長などを経て2015年に初当選し、現在2期目。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集