特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ファクトチェック

菅首相「ワクチン接種100万回超えてきた」はミスリード

ファクトチェック判定・ミスリード

 菅義偉首相は9日の党首討論で、新型コロナウイルスのワクチン接種について、「8日は100万回を超えてきた」と述べた。しかし、100万回というのは1日分でなく、複数日分の接種回数が含まれており、発言はミスリードだ(ファクトチェックの基準)。【佐野格/デジタル報道センター】

 発言は9日、立憲民主党の枝野幸男代表との党首討論で出た。

 枝野氏が緊急事態宣言の解除の基準などを問うたのに対し、菅氏は「私自身の新型コロナに対しての考え方を明快に述べさせていただきたい」として、以下の通り述べた。「現在、全国の自治体やさらには医療関係者の皆さんの大変なご努力によって、ワクチン接種が順調に進んでいます。昨日は100万回を超えてきました。まさに一定の方向を示すと日本の国民の皆さんの能力の高さ、こうしたものを私自身今、誇りに感じております」。

 この発言はテレビなどで中継され、インターネット上でも広く拡散している。

党首討論で立憲民主党の枝野幸男代表の質問に答える菅義偉首相=国会内で2021年6月9日午後4時26分、竹内幹撮影

 「昨日」というのは8日にあたるので、菅首相は「8日に100万回を超えた」と言っている。実際はどうなのだろうか。首相官邸のホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html)では、新型コロナワクチンの情報を発信している。そのページの上部には「新型コロナワクチンについて」というコーナーがあり、「これまでのワクチン総接種回数」を「医療従事者等」と「高齢者等」に分けて、累計接種回数と、直近(前日)に公表した累計接種回数との…

ファクトチェック判定・ミスリード

党首討論で立憲民主党の枝野幸男代表の質問に答える菅義偉首相=国会内で2021年6月9日午後4時26分、竹内幹撮影

あわせて読みたい