毒物カレー事件の林真須美死刑囚が新たに再審請求 地裁が受理

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
和歌山地裁、和歌山家裁、和歌山簡裁が入る庁舎=竹内望撮影 拡大
和歌山地裁、和歌山家裁、和歌山簡裁が入る庁舎=竹内望撮影

 和歌山市で1998年、夏祭りのカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった毒物カレー事件で、殺人などの罪に問われ、死刑が確定した林真須美死刑囚(59)が、新たに和歌山地裁に再審請求を申し立てたことが弁護人への取材で判明した。同地裁は5月31日付で受理した。

 林死刑囚は無罪を主張して最高裁まで争ったが、2009年5月に死刑が確定。同年7月に再審請求したが、再審を認めなかった大阪高裁決定(20年3月)を不服として、最高裁に特別抗告中。今回の再審請求は別の弁護人が担当しており、「4人の死因を立証する証拠が全くなく、事件は第三者の犯行。林死刑囚は無罪だ」などと訴えている。【山口智】

あわせて読みたい

注目の特集