DeNA三浦監督 先発・坂本に苦言「ボール先行、投球にならず」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
DeNAを率いる三浦監督=横浜スタジアムで2021年4月30日、西夏生撮影 拡大
DeNAを率いる三浦監督=横浜スタジアムで2021年4月30日、西夏生撮影

○西武5―3DeNA●(10日・メットライフ)

 西武が競り勝った。DeNAは先発・坂本が三回途中4失点と崩れ、5カードぶりの負け越しとなった。

 DeNA・三浦大輔監督の試合後のコメントは次の通り。

 DeNA・三浦監督 (坂本が被安打6、5与四死球で三回途中で降板)悪かった。ボール先行で、投球にならなかった。

 (3試合連続で先発が5回を投げきれず)先発として役割を果たせなかった。3人とも四球絡み、ボール先行という投球が続いた。

 (前日に左太もも裏を痛めたオースティンがベンチを外れ)大事を取って無理をさせなかった。打撃に関しては問題ないと思う。

あわせて読みたい

注目の特集