大相撲 錦島親方退職へ 朝乃山問題引責 元大関・朝潮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大相撲九州場所番付発表の記者会見で高砂親方と握手する朝乃山=福岡市中央区で2019年10月28日午後1時58分、矢頭智剛撮影
大相撲九州場所番付発表の記者会見で高砂親方と握手する朝乃山=福岡市中央区で2019年10月28日午後1時58分、矢頭智剛撮影

 大相撲の大関・朝乃山(富山県出身、高砂部屋)が日本相撲協会の新型コロナウイルス対策ガイドラインに違反した問題で、先代師匠の錦島親方(元大関・朝潮)が協会を退職する意向であることが10日、関係者の話で分かった。引責のためとみられる。協会は11日の臨時理事会で処分を決め、朝乃山には長期出場停止など厳罰が予想される。

 錦島親方は昨年11月に師匠を高砂親方(元関脇・朝赤龍)と交代。同12月に定年の65歳を迎え、再雇用制度で参与として協会に残っている。関係者によると、問題の調査を進めたコンプライアンス委員会では、師匠交代後も先代が部屋に住んで高砂親方が通う部屋の在り方が議論になった。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文455文字)

あわせて読みたい

注目の特集