高齢者の3割「友人いない」 高齢社会白書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 家族以外で相談し合える親しい友人がいるかを尋ねたところ、「いない」と回答した高齢者の割合が3割を超えたことが、内閣府の意識調査で明らかになった。政府は11日、こうした調査結果を盛り込んだ2021年版「高齢社会白書」を閣議決定した。

 調査は5年おきに実施しており、今回は昨年12月~今年1月、日本、米…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

あわせて読みたい

注目の特集