ブックカバーがつなぐ縁 アイスバーや蜂蜜がモチーフ、大阪の書店考案 資金募り全国の170店に提供

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小西康裕さんがデザインしたブックカバー。蜂蜜をイメージしたカバーはスプーンがしおりになっている=大阪市鶴見区で2021年5月15日午前11時38分、菅沼舞撮影
小西康裕さんがデザインしたブックカバー。蜂蜜をイメージしたカバーはスプーンがしおりになっている=大阪市鶴見区で2021年5月15日午前11時38分、菅沼舞撮影

 クリームソーダ、アイスバー、焼き芋、フランスパン、オルガン、富士山。大阪市鶴見区の「正和(せいわ)堂(どう)書店」が店頭で文庫本の購入者に無料で配っているオリジナルブックカバーが人気だ。出版不況や書籍通販の台頭で書店経営の厳しさが続く中、このオリジナルカバーをアイテムに全国の店と手をつなぐ試みも始まった。書店間の「競争」ではなく「協業」を目指している。

 1970年に創業し約10万冊を扱う同店でブックカバーを作っているのは、創業者の孫、小西康裕さん(34)。印刷会社勤務だが、2017年から週末に家業を手伝う。「書籍は毎日約200冊発刊されている。存在を知られないまま埋もれる本を少なくしたい」と、写真共有アプリ「インスタグラム」や「ツイッター」などのSNSで本の紹介をスタート。フォロワー数は順調に増えていったが、来店には結びつかない。大学で版画やデ…

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1926文字)

あわせて読みたい

注目の特集