広がるミャンマー支援 バザー好評、県内外から寄付金 「今後も続けたい」 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
母国のためにバザーを手伝うミャンマー人留学生(中央)=富山市磯部町1の県護国神社で、青山郁子撮影
母国のためにバザーを手伝うミャンマー人留学生(中央)=富山市磯部町1の県護国神社で、青山郁子撮影

 今年2月に国軍によるクーデターが発生し、混乱が続くミャンマーで民主化を求める市民を応援しようという動きが県内で広がっている。今月6日に富山市内で開かれた教育支援ボランティアグループ「アジアの仲間たちの会」(アンドラーデ・フロッシー代表)のバザーには早朝から多くの来場者が訪れ、約23万円の売り上げがあった。また新聞報道などで会を知った県内外の支援者からも寄付金が届いている。【青山郁子】

 バザーには、県内に住むミャンマー人女性留学生も来場し、接客を手伝った。女性の家族は今は安全だと言うが、「国では多くの人が軍に殺され、いつまで続くのかも分からない。日本人もこの事実を知って、民主化を求めるミャンマーの人々を応援してほしい」と母国を案じた。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文743文字)

あわせて読みたい

注目の特集